Search
Search Menu

合宿免許には色々なメリットがありますが、大きなもののひとつに下手な人であってもコツをつかみやすいというものがあります。
車の運転というのは特に最初のうちは大変なものですが、それは慣れていないからで慣れてくればある程度思い通りに車を動かすことができます。
しかし、問題は慣れるためにはできるだけ短い間隔で車に乗ったほうが良いのですが、普通に教習所に通っていると間隔が空いてしまってコツを忘れてしまうということも少なくありません。
これが合宿免許であれば、連日のように車にのることができますから短期間で車の操作になれることができ、コツを掴むことができるのです。
早い段階でコツを掴むことができるので、それからの教習に関してもスムーズに行うことができその結果として、延長などをなしに卒業をしやすいので余計な時間とお金がかからずに免許を取得することができるのです。
このように合宿免許というのは、効率よく免許を取得しようと思った時には非常に効率のよいものとなっています。

合宿免許 くりっく




最短卒業のため勉強のポイントや技能のポイント

車の免許を取りたいという場合には、合宿免許で最短卒業することを目指しましょう。集中的に必要な知識やスキルを身に着けることになりますが、短期間で卒業できる点は大きなメリットといえます。
合宿免許中の勉強のポイントとしては、授業中は講師が試験においての間違いやすいポイントなどいろいろと教えてもらうことができます。そのため、教科書を読めばいいと授業をてきとうに聞き流しているだけだと試験時にミスする可能性も高くなります。

技能のポイントはまずは慣れることが重要です。初めての運転は誰もが緊張するものです。また、模擬運転で運転に関して感覚を学ぶことになりますが、最初はうまくいかなくてもある程度慣れてきて緊張がとれればそこまで難しいものではありません。運転操作に慣れることに重点をおいて教習をうけましょう。また、路上教習などの場合には、所内よりも交通の情報量が多いのが難点です。そのため、あせってしまう方もいますがまずはしっかりと正確に運転をするように心がけましょう。基本的な運転を頭と体に覚えこませるためにも教習所内で学んだことをミスしないように運転時には意識してみることも必要です。教習後には指導員と話し合う時間帯もあります。どの点でミスをしたか、注意する点などいろいろとアドバイスを受けましょう。自身では気付かない点であっても指導員からすると運転での癖など修正したほうがいい点などいろいろと貴重なアドバイスをもらえる可能性もあるため、指導員のアドバイスはきちんと聞いておき次回ではミスやアドバイスされた点に注意しながら教習をこなしていくことが大切です。

合宿中で注意したいことは寝坊です。合宿に関してはスケジュールが組まれておりそのスケジュールが乱れてしまうと問題が生じます。最悪延泊をして最短で卒業できなくなる可能性もでてきます。そのため、寝坊は厳禁と肝に銘じておきましょう。もう一つは体調管理をきちんとしておくことです。寝坊とは違いますが学科や教習を受けられない状態になるとこれもまた問題が生じます。その点から無理をしないことや風邪などひかないようにきちんと健康管理を怠らないようにすることが重要です。

合宿中は空き時間が生じます。その場合には、学科の勉強時間にあてておくことがおすすめです。学科試験で失敗しない合格率を上げるためにも少しでも時間を無駄にせず空き時間を有効活用して学科試験対策をしておくといいでしょう。